HOME  >  助成事業  >  採用実績

Record of research assignments

採用実績

第19回 2019年度

全応募件数:435件  助成件数:16件  助成金額:14,900,000円

食品(2件、2,000,000円)

研究者名/研究機関 研究課題
小田 裕昭
名古屋大学大学院生命農学研究科
筋委縮・サルコペニア予防のための時間栄養学的研究
沖嶋 直子
松本大学人間健康学部
リンゴPFAS患者が無症状で食べられる、日本産リンゴ品種の経口負荷試験による探索

環境(3件、2,300,000円)

研究者名/研究機関 研究課題
高橋(田中) 美穂
東京海洋大学学術研究院海洋環境科学部門
日本近海に生息するイカ類に含まれる有害物質の器官別定量とイオウ同位体比による由来分析
上田 萌子
大阪府立大学大学院生命環境科学研究科
地域固有の緑と健康とのかかわり-台湾の樹木信仰の場「大樹公」を事例に-
森本 泰子
神戸学院大学薬学部
受動喫煙防止に向けた大学内における浮遊粒子測定と禁煙支援活動の実践

医学(8件、8,000,000円)

研究者名/研究機関 研究課題
石渡 遼
防衛医科大学校医学部
オメガ3脂肪酸由来メディエーター・PGE₃による動脈硬化・予防効果の検討
須藤 高行
群馬大学医学部附属病院
放射線診断によって国民が受ける放射線量の推定と線量の最適化に関する研究
三島 英換
東北大学病院腎高血圧内分泌科
腸-腎連関に基づいた慢性腎臓病の新たな治療法および進展予防法の開発
柴田 健輔
山口大学大学院医学系研究科
パセリ由来代謝産物を認識するT細胞の機能制御によるガン免疫療法の開発
内田 さえ
東京都健康長寿医療センター研究所
高齢者の脳の健康維持・認知症予防を目指した嗅覚刺激法の開発
福森 亮雄
国立長寿医療研究センター分子基盤研究部
認知症発症予防を目指す、天然物由来で、副作用の少ないアミロイドβ産生阻害剤の開発
片岡 智哉
名古屋市立大学大学院医学研究科
極端な食事制限がもたらす男性性機能障害の発症メカニズムの分子薬理学的解明
東口 治弘
東京大学医学部附属病院
高脂質食を心疾患予防食として活用するための基盤研究 -脂肪酸代謝マスター転写因子PPARαに注目して-

福祉(3件、2,600,000円)

研究者名/研究機関 研究課題
相川 章子
聖学院大学心理福祉学部
精神保健福祉領域のピアサポートによる福祉的予防に関する探索的研究
山崎 浩司
信州大学医学部
地域ぐるみの死別体験者支援のあり方に関する研究 -世田谷区グリーフサポート事業の質的評価を中心に-
内藤 千尋
松本大学教育学部
少年院在院者・退院者の声から探る発達上の課題を有する非行少年の発達支援システムの研究